オンライン英会話入門
英会話初心者〜伸び悩みの方
外国人オンライン英会話お悩み解決!

自信のない方

これから外国人オンライン英会話を始めたいけど・・・

一向に上達していない方

今、外国人オンライン英会話を受けているけど・・・

挫折してしまった方

外国人オンライン英会話を一度始めたけど・・・

外国人の英語が聞き取れない

先生の英語が上手く聞き取れなければ英会話レッスンがスムーズに進みません。どうしたらよいのでしょうか?
手っ取り早い対症療法では、"Excuse me." と先ずは先生の発話を遮ってから、"Please speak more slowly." などと言ってもっとゆっくり話して貰うと良いでしょう。
先生の発話スピードはOKでも、意味がわからなかったら、"What do you mean?"と訊き返してみましょう。

外国人の質問に答えられない

先生の質問が聞き取れても、上手く答えられなければ会話は成立しません。質問に英語で上手に答えるコツは、
1)質問がYes-No Questionであれば、先ずはYesかNoを明確にしましょう。
2)WhatやWhereで始まる質問であれば、先生が使った名詞や動詞を使って答えましょう "What do you like to eat?" "I like to eat Chinese foods."  "Where is your office located?" "My office is located in Shinagawa." という感じです。

外国人に英語で質問できない

いつも質問に答えるだけでは面白くありませんね。先生にも質問してみましょう。
質問する一番簡単な方法は、先生から質問されてそれに答えた後に、"How about you?"「先生はどうですか?」と訊き返してみることです。
"How did you spend your last vacation?"
"I traveled in Okinawa."
"That's nice! Did you travel alone?"
"Yes. How about you?"
"I went back to California with my family."
という具合です。  

対症療法では自分の言葉で英語を話せるようになれません!

上記でアドバイスした「手っ取り早い対症療法」「質問に上手に英語で答えるコツ」「質問する一番簡単な方法」は陳腐で多くの皆さんは既に知っていると思います。勿論、英会話初心者でも直ぐに使える効果的な入門テクニックです。しかし英会話学習書籍やテキストで紹介されている「決まり文句」や「サンプル表現」をそのまま使ったり、知っている単語をいくつか並べるだけの会話をしていては、いつまで経っても自分の言葉で英語を話せるようにはなれません。

外国人講師(NT)と日本人の初級生徒(JS)の会話、2つの例

NT: Where do you live? どこに住んでるの?
JS: I live in Nakano. How about you? 中野です。先生は?
NT: Well,  I came to Japan 3 years ago ... 3年前に来日して。。。
コメント:自分が住んでいるところを言ってから直ぐに「先生は?」と訊き返しているので先生の住居の話になってしまった。

NT: What do you like to do in your free time? 暇な時、何するのが好き?
JS: I like to go out in my free time. How about you? 外出です。先生は?
NT: Me, too. I always go driving with my wife and visit various sightseeing spots near Tokyo. 
私も同じ。いつも東京近隣の観光名所に妻とドライブに行くよ。
JS: Me, too. 私も同じです。
コメント:外出が好きと言ってから直ぐに訊き返したので先生の話になり、更に先生の話に対して先生の相槌を「マネ」てそれで会話を終了してしまった。


上記2つの会話を楽しく続けるには何が必要でしょうか?

私達ACEは、会話を楽しく続けるには、次の「創造性 Creativity」が必要と考えます。
1)自分で英文を作れる(質問文も含む)「創造性」
2)自分の発話に興味深い情報を付け加える「創造性」

3)的確で効果的な英語の話し方ができる「創造性」

この3つの「創造性」を発揮すれば、次のような会話に発展するはずです。

NT: Where do you live?
JS: I live in Nakano, 7 minutes from Shinjuku by train. 新宿から電車で7分の中野に住んでます。
NT: I see. You live in the center of Tokyo, don't you? そう。東京のど真ん中に住んでるんだね。
JS: Yes, and my office is in Shinjuku. はい、オフィスが新宿にあります。
NT: Oh, that's really convenient for you. へぇ、すごく便利だね。
JS: Yes, it is. How about you? Where you you live? はい。先生はどちらにお住まいですか?
中野に住んでいると言った後に「電車で新宿から7分」という情報を加えたので会話が発展した。

NT: What do you like to do in your free time? 暇な時、何するのが好き?
JS: I like to go out in my free time. I went to Nikko with my wife last Sunday. 外出です。日曜日に妻と日光に行って来ました。
NT: That's nice. I want to visit Nikko someday. Did you drive? いいね。いつか日光に行きたいよ。車?
JS: No, I don't have a car. We went there by train. いいえ、車持ってないんです。電車で行きました。
NT: I see. Where did you take the train? そう。どこから電車に乗ったの?
JS: We took the train from Asakusa, about 2 hours to Nikko. 浅草から行きました。日光まで約2時間でした。
「妻と日光に行った」という情報を加えたので会話が発展して、
更に先生もいつか日光に行きたいと思っていたので、交通手段を尋ねられた。


まとめると、
1)自分の言葉で英語を話せるようになる為には自分で英文を作ることが出来ないと駄目
2)外国人と楽しく実りのある会話をするには自分の発話に興味深い情報を付け加えることが大切

3)異文化間コミュニケーション・ルールに則った的確で効果的な英語を話すことが大切
ということです。

ACEは自分の言葉で英語を話せる訓練をします

具体的にご説明します。

外国人講師(NT)と日本人の初級生徒(JS)のの別の会話例です。
NT: How was your weekend? Did you go anywhere? 週末はどうだった?どこか行ったの?
JS: Yes, I went to Shibuya. はい、渋谷に行きました。

これでも答えとしてはOKなのですが、答えが短くて情報が少ないと、先生は会話を続けるために次々に質問をしなければなりません。

その先は次のような会話になってしまう可能性が高いでしょう。

NT: How was your weekend? Did you go anywhere? 
JS: Yes, I went to Shibuya.
NT: I see. Who did you go with? そう。誰と行ったの?
JS: With my husband. 夫と。
NT: All right. What did you do in Shibuya? いいね。渋谷で何したの?
JS: We ate lunch. ランチしました。
NT: Oh, what did you eat?  へぇ、何食べたの?
JS: We ate Italian food. イタリアンを食べました。
NT: Really? I like Italian food, too. ほんと? 先生もイタリアン好き。
JS: I see. そうなんですか。


どうですか? 
これはこれで会話は成り立っています。
生徒の発話にもエラー(間違え)は無いようです。

しかし、生徒にとっても、先生にとっても次の理由から良い会話ではないと思います。

生徒にとってのデメリット
1)絶えず先生の質問に答えるばかりで、逆に先生に質問したり、先生の答えに相槌を打ったり、コメントする練習になっていない。
2)自分が間違えなく言える短い答えしか使っていないので、学べることが少ない
3)レッスンでの不自然な会話なので、レッスン以外で外国人と話すと会話が続かず、会話を楽しめない。先生でなければこんなに懇切丁寧に質問はしてくれません。


先生にとってのデメリット
1)生徒の答えが短く正しいので、エラーを訂正する機会がない
2)生徒に質問させる機会を逸して、Q&Aの単調なレッスンになってしまう
3)答えが短いので矢継ぎ早に質問を続けないと会話はそこで終わってしまい、楽しい会話にするのは難しい
結局、生徒との会話は楽しめず、また何も教えられていないので、イライラが募る会話パターンである


勿論、このような会話パターンは初心者の日本人生徒と外国人講師との間で日々繰り返されており、残念ながら何年もレッスンを取り続けても、あまり上達は望めないでしょう。

それでは、逆に上記のデメリットを解消できる会話パターンとはどのようなモノでしょうか?

短い答えをするのを止めて、自分の答えに情報を付け加えて出来るだけセンテンスを長くすることです。

①英語のセンテンスパターンの基本はご存知の通り
主語+動詞+目的語(または補語)
I like tennis. 私はテニスが好き。
I am an office worker. 私は会社員。

②実際には、これを応用した次のパターンとなります。
主語+動詞+名詞(句)
I like to play tennis. 私はテニスをすることが好き。
My hobby is listening to music. 私の趣味は音楽を聴くことです。

③情報を付け加えるパターンの標準
主語+動詞+名詞(句)+他の情報
I like to play tennis with my wife on weekends. 私は週末に妻と一緒にテニスをすることが好き。

My hobby is listening to music at a jazz cafe in Kobe. 私の趣味は神戸にあるジャズ喫茶で音楽を聴くことです。

最初の例文に情報を追加して答えのセンテンスを長くしてみましょう。

NT: How was your weekend? Did you go anywhere? 週末はどうだった?どこか行ったの?
JS: Yes, I went to Shibuya. はい、渋谷に行きました。
誰と?
I went to Shibuya with my husband. 私は夫と渋谷に行きました。
何しに?
I went to Shibuya with my husband to eat lunch. 私は渋谷に妻とランチしに行きました。
どんなレストラン?
I went to Shibuya with my husband to eat lunch at an Italian restaurant. 私は渋谷に妻とイタリアンレストランでランチしに行きました。


ここまで言えれば、単調な質問を矢継ぎ早にする必要もなくなり、先生の興味を引いて「もっと聴いてみたい」と思われ次のように会話が弾むでしょう。

NT: How was your weekend? Did you go anywhere? 週末はどうだった?どこか行ったの?
JS: Yes, I went to Shibuya with my husband to eat lunch at an Italian restaurant. 渋谷に妻とイタリアンレストランでランチしに行きました。
NT: Oh, really? That's nice. How was the Italian food there? へぇ、いいね。そこのイタリア料理どうだった?
JS: It was so delicious; we enjoyed spaghetti and pizza especially. Do you like Italian food? とてもおいしかったです。特にスパゲッティとピザを堪能しました。先生はイタリア料理お好きですか?
NT: Yes, actually, my favorite food is Italian. What's the name of the restaurant? うん。実はイタリアンが一番好き。そのレストランの名前教えて。
ST: It's COCONEEL, a new Italian restaurant near Parco in Shibuya. 渋谷パルコ近くのココニールという新しいイタ飯レストランです。


英会話初心者がいきなりこのような会話をスムーズに行えないでしょうが、主語+動詞+名詞(句)+情報をマスターすれば、このような会話ができるようにきっとなります。

それには、十分なトレーニングが必要です。
無料でACEオンライン英会話入門コースの体験レッスンを受けてみて下さい!
無料体験のご予約

ACEの英会話トレーニング

ACEオンライン入門プログラムが提供するレッスンは、受講生が次のことを自分の英語発話で実現できるように訓練(トレーニング)を行います。トレーニング後は、スムーズに外国人オンライン英会話レッスンの受講が可能となり、更に効果的に英語コミュニケーションスキルを高められます。

自己紹介の「職業」という話題で具体的なトレーニング内容をご紹介します。

職業は様々ですので、とても一つに纏めることはできません。
先ずACEでは、職業によって次の4つのコース分けを行い、更に個人個人の職業に応じてトレーニングを進めます。
1)中学生・高校生コース 2)専門学校・大学生・大学院生コース 3)会社員・自営業者など勤労者コース 4)主婦・シニアなどその他社会人コース

更に、「あなた自身の職業」についてトレーニングが行われ、訓練後には自分の職業について、次の目標が達成されます。
1)自分で英文を作れる(質問文も含む)
2)自分の発話に興味深い情報を付け加える

3)的確で効果的な英語の話し方ができる

英会話初級レベルの会社員を例にご説明します。

英会話トレーニングサンプルは結構長いので、スライドを使ってシンプルな動画を作成しました。
音声無しの文字データだけですので、是非ご覧になってみて下さい。

英会話トレーニングサンプルの動画 → こちらをクリック!

トレーニングサンプルは「会社員」の方の例でしたので、
「大学生」と「シニア」の生徒さんの例を次に提示します。
トレーニング後に完成した会話例となります。


無料でACEオンライン英会話入門コースの体験レッスンを受けてみて下さい!
無料体験のご予約


私にはこんなに長い発話はできっこないと思われた皆さん!ご安心下さい。
次のセクションでそんなご心配は一掃させて頂きます。

英会話初級レベルの大学生の例
T: What do you do?
S: I still go to school. I'm a senior student at Reiwa University

majoring in business administration.
まだ学生です。令和大学の4年生で経営学を専攻しています。
T: I see. What are you planning to do after graduation?

そう。卒業後は何するつもり?
S: I'm planning to get MBA from a graduate school in New York.

I'm particularly interested in American ways of business at start-up
companies.
ニューヨークの大学院からMBAを取得するつもりです。
特にスタートアップ企業のアメリカ式ビジネスに興味があります。
英会話初級レベルのシニアの例
T: What do you do?
S: In fact, I retired from a company at the age of 65.

実は私、ある会社を65才で定年退職しました。
T: I see. What exactly did you do?

そうですか。具体的には何をなさっていたんですか?
S: I was a tour conductor at a travel agency in Osaka. I belonged to a domestic travel section for schools in the Kansai area. I visited various sightseeing spots all over Japan as a tour guide.

大阪にある旅行代理店の添乗員でした。関西の学校向け国内旅行部署に所属していました。旅行ガイドとして日本中の様々な観光地を訪れました。

ACEで長い発話ができるようになる秘密

ACE講師は次の3つの発話を生徒に求めます。
1)出来るだけ多くの英語を生徒に話させるように努力する。→可能な限り多くの情報を英語で伝えられるように訓練
2)興味深い内容の発言を求める。→相手がもっと聞いてみたい、会話を続けたいと思えるような個性的で興味深い発話ができるように訓練
3)生徒の話し方がより的確で、効果的になるようにコメントする。→現在の英語力に応じてより的確で効果的な発話ができるように訓練
※各受講生の英語レベルに合せてマンツーマンで講師が日本語も使いながら無理なくご指導します。

指導方法1:意味のかたまり(チャンク)で無理なく、生徒と一緒に考えながら英文(センテンス)を組み立てます。
前のセクションで皆さんが長い発話だなと感じたセンテンスを例にご説明します。

大学生の長い発話を一緒に作ってみましょう。

「私はニューヨークにある大学院からMBAを取得するつもりです。」
これをチャンクで組み立ててみましょう。
基本は、
主語+動詞+目的語(補語)+情報です。

私は計画しています I'm planning
MBAを取得することを to get MBA
ある大学院から from a graduate school
ニューヨークにある in New York
どうですか各チャンクは短い単語のかたまりです。
これを前から並べれば英文の完成です。

I'm planning to get MBA from a graduate school in New York.

「私は特にスタートアップ企業でのアメリカ式ビジネスのやり方に興味があります。」
先ほどと同じやり方です。
私は特に〜に興味があります I'm particularly interested in
アメリカ式ビジネスのやり方 American ways of business
※ココ迄で
主語+動詞+目的語が完成します。
I'm particularly interested in American ways of business
あとは
他の情報を追加します。
スタートアップ企業での at start-up companies
これで完成です。

I'm particularly interested in American ways of business at start-up companies.

チュンクで英文を組み立てる訓練を徹底的にすれば必ず自分でも長いセンテンスが言えるようになります。

指導方法2:発話内容に応じて適宜、興味深い内容と的確な言い方をアドバイスします。

シニア受講生のでご説明します。
こちらのサンプルも長いので、スライドを使ってシンプルな動画を作成しました。
音声無しの文字データだけですので、是非ご覧になってみて下さい。

英会話トレーニングサンプルの動画 → 
こちらをクリック!

長くなりましたが以上の通り、
発話内容に応じて適宜、興味深い内容と的確な言い方をアドバイスして、先生が一緒に英文を作るお手伝いをします。

この先も知りたい人は、ACEオンライン英会話入門の体験レッスンを受けて、実際にどんなトレーニングをするのか是非お試し下さい。
無料体験のご予約

受講可能コース

中学生・高校生

学校や塾で学んだ英語知識(基本文法・単語&熟語・英語表現など)を実際の英語コミュニケーションで使える運用力に変えていきます。レッスン内容は一人ひとりの生徒に合わせてカスタマイズします。中学生でも主語+動詞+目的語(補語)という英語の基本文型を理解していれば、先生の助けを借りて英文を作ることができます。自己紹介・家族・学校生活・クラブ活動・趣味・進学・将来の夢など中高生にとって身近で興味が湧く話題をご指導します。英語で自分の事をできるだけ具体的に表現できる力を育成します。更に外国人との英語でのコミュニケーションにおいて中高生として尋ねてみたい質問を自分でも作ることができる能力を養成します。

大学生・大学院生・専門学校生

外国人と英語で自由に好きな話題について話し合える実践的な英語コミュニケーション能力を身につけます。体験レッスン時に現在の英語力を判定の上、レッスンの難易度を講師が調節しながら、各生徒の英語力に応じて無理なくご指導します。自己紹介・家族・趣味・学校の専攻・学生生活・アルバイト・卒業後の仕事・将来の夢など外国人と話してみたい話題は何でも、指導する話題として取り上げます。海外旅行・ホームスティ・留学準備など具体的な目的に合わせたテーラーメードなご指導も勿論可能です。
日常会話に留まらず、学生として外国人と語ってみたい社会性のある話題についてもご希望に応じてご指導致します。

会社員・自営・役員・勤労者

現在の英語レベル・学習目的(仕事で英会話が必要・プライベートで外国人と英会話を楽しみたいなど)に応じたレッスン内容となります。外国人と英語で自由に必要な話題について話せる実践的な英語コミュニケーション能力を身につけます。現在の英語力を判定の上、レッスンの難易度を講師が調節しながら無理なくご指導します。必要に応じて基本文法・語彙などの復習も行います。自己紹介・家族・趣味・過去&現在の仕事・過去の学生生活・将来の夢や展望など外国人と話してみたい話題は何でも話題として取り上げます。海外への旅行・出張・赴任準備など具体的な目的に合わせたテーラーメードなご指導も勿論可能です。

主婦・シニア・社会人

外国人と英語で自由に好きな話題について楽しく会話できる英語コミュニケーション能力を身につけます。体験レッスン時に現在の英語力を判定の上、レッスンの難易度を講師が調節しながら、各生徒の英語力に応じて無理なくご指導します。必要に応じて基本文法・単語&熟語・英語決まり文句などの復習も行います。自己紹介・家族・趣味・日常生活・就業経験・アルバイト・旅行など外国人と気軽に話してみたい話題は何でも、指導する話題として取り上げます。ACEレッスンで身に付けて英会話スキルを使って、外国人オンライン英会話で思いっきり、先生と英会話を楽しむことができるようになります。

英会話講師の紹介

ACEオンライン英会話入門を担当する日本人講師

ACEオンライン英会話入門コースのレッスン内容を外国人講師が英語のみで効果的に指導することは不可能です。日本語を巧みに使いながら、受講生が無理なく自分で英文を作れるように懇切丁寧にご指導する必要があるからです。ACE英会話の日本人講師は外国人講師同等の綺麗な発音でネイティブと英語で対等にコミュニケーションできる英会話力の持ち主です。帰国子女・英語圏の大学への留学経験者・国内インターナショナルスクール卒業生・高等教育機関で英会話を指導している現役の英会話講師・実際に英語を使って商社や外資系企業に就業していた講師などとなります。本部は応募者の英語学習履歴および英会話指導経験を詳しく精査した上で、一人ひとりにインタビューを実施してACE英会話の日本人講師に相応しい人のみ採用しています。ACE英会話オンラインの教授法研修修了後、それぞれの講師の適性を十分に考慮した上で、担当する受講生をアサインしております。

パソコン・スマホ・タブレットで受講

 ズーム・スカイプ・ラインなどの無料オンライン通話ソフトをインストールしてパソコン・スマホ・タブレットで受講することが可能です。24時間通話料無料。
※できるだけ大きな画面の方が先生の板書が見やすいです。
Web Cameraを使えば、講師の顔を見ながら双方向でビデオ通話ができます。
※「お互いの顔を見ながら」が基本ですが、ご自分の顔は見せずに講師の顔だけ見がら受講することも可能です。勿論、電話のように音声通話だけのレッスンも可能です。

ズームの機能については → こちら
スカイプの機能については → こちら
ラインの機能については → こちら

料金(すべて税込)

[入会金]  5,500円
 
[月会費]  5,500円
 
[受講料]  月4回で6,000円(1回1時間 1,500円)

[支払い方法]  
入会金と当月分の月会費は初回レッスン開始前までに弊社指定銀行口座にお振込み頂きます。
※次月からは毎月28日迄に翌月分の月会費と受講料を一緒にお振込み頂きます。


無料体験レッスン

どうぞお気軽に無料で体験レッスンをお試し下さい
  • 事前に担当講師に関するご希望を承り、できるだけご希望にあった講師を指定の曜日・時間帯に手配
  • 手配完了後、メールで講師に関してご報告(数日お待ち頂く場合があります)
  • ご予約日時に体験レッスンを受けてみて講師との相性、レッスン内容、システムなどをご確認
  • 生徒様にとって最も効果的なレッスンプラン(話題・英語難易度・指導方法・家庭学習など)をご提示
  • 受講システム(欠席&振替など)や受講料のお支払い方法なども日本語でご説明
  • 講師、体験レッスン、指導法&教務システムなどを気に入っていただけたら、正式に入会のお申し込みをして頂きます。
    ※後日までゆっくりと入会をご検討頂けます。
体験レッスンは無料です。(お一人様1回限り)
体験レッスンの受講前に見て頂くフォームアップ動画をご用意しました。
基礎レベル(英検3級程度)と初級レベル(英検2級程度)から選択頂けます。
まだ体験レッスンをお申込みされていない方でも視聴可能です。


体験レッスン・ウォームアップ動画
 基礎レベル → こちらをクリック!
 初級レベル → こちらをクリック!
ご不明な点がございましたら、下記「お問合せフォーム」よりお気軽にお尋ね下さい。
お急ぎの方はお電話でお問合せをお願い致します。
株式会社エース外語 048−461−5807

会社概要

■株式会社エース外語
■2005年1月設立
■所在地:
 〒351-0115
 埼玉県和光市新倉2-27-2
■TEL:048-461-5807(代表)
■FAX:048-461-5807
■受付:平日 10:00〜20:00
■事業内容
  1. 語学講師の斡旋(英会話・中国語・日本語)
  2. 企業&学校への語学研修(同上)
  3. オンライン語学講座の開発・運営など
■講師募集
日本人英会話講師
Recruitment for Native Speakers of English

お問い合わせ・ご相談はお気軽に


名前
職業(受講予定の方)
メールアドレス
入力後間違いがないか、よくご確認願います。
住所(市町村だけで番地は入力不要です)

-



※市町村の入力迄で大丈夫です。
連絡先
- -
※ご住所などに誤りがない限り、こちらからお電話することはございません。
ご質問: 簡潔にご記入頂ければ幸いです。
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています