【EdTech 導入補助金2021】

 “AFP World Academic Archive”を活用した先端的教育プログラムのご案内

2021年5月、経済産業省は
「EdTech導入補助金 先端的教育用ソフトウェア導入実証事業」の公募を開始しました。
この事業に参画して貴学(中学校、高等学校、高等専門学校)の学習プログラムで
フランスAFP通信のデジタルコンテンツを活用してみませんか。
審査をクリアすれば、2021年度導入実証事業に係わる全ての費用は経済産業省のEdTech導入補助金で賄うことが出来ます。

(株)クリエイティヴ・リンクは、岡山理科大学附属高等学校、埼玉県立和光国際高等学校、

早稲田大学本庄高等学院のご協力を得て、2020年度の実証事業を実施しました。

Perpignan, June 10, 2020, Classes resume at the Lycée Arago in Perpignan. History class with wearing of the mask for the teacher and the students. In the classroom, the teacher can remove her mask if it does not protrude from her desk, students must keep it during the class, and remain on their separate tables to respect the distances between students.       Photography by Jc Milhet / Hans Lucas / AFP

“AFP World Academic Archive”とは

 フランスAFP通信が世界各国13,000社を超えるメディアに配信している4000万枚以上の報道写真、40万点ほどのニュース映像、リアルタイムで配信されている報道記事とそのアーカイブに、インターネットでアクセス出来る教育期間向けオンラインサービスです。
 AFP通信のデジタルコンテンツは、英語学習プログラム、SDGsをテーマとしたワークショップ、オンライン講座などに活用されており、
日本の先進的な教育機関において高い評価を得ています。

「EdTech(エドテック)導入補助金 先端的教育用ソフトウェア導入実証事業」申請について

経済産業省のホームページに、
「Society5.0時代における教育現場では、個別最適な学びの実現と、プログラミング教育をはじめとする創造性を喚起するSTEAM学習環境を構築することが必要である。そのためには、GIGAスクール構想で構築されている学習用端末や高速通信網等のICTインフラの整備と合わせ、EdTechソフトウェア・サービスの学校等教育機関への積極的な導入が効果的である。
本事業では、学校等教育現場における先端的教育用ソフトウェア・サービス(以下「EdTechツール」という。)を導入する事業を実施する者(以下、「EdTech事業者」という。)が行う①EdTechツールの導入及び②利活用に関しての手厚いサポートに要する経費の一部を補助することにより、学校等設置者(自治体教育委員会、学校法人等を指す。)等とEdTech事業者の協力によるよりよい学校環境づくりを後押しすることを目的とする。」とあります。
 詳細につきましては経済産業省の公募ガイドラインをご参照ください。
https://edtech-hojo.jp/
「EdTech導入補助金 先端的教育用ソフトウェア導入実証事業」公募要項より

“AFP World Academic Archive”を活用した学習プログラムのご提案

①【語学プログラム】
5ヶ国語(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語他)で配信しているニュースビデオを使った語学学習プログラム。外国語コミュニケーション能力を育てます。
■中学校:「やさしい英語でSDGs!(合同出版刊)」を副教材として使用します。
■高等学校:「AFP World News Report 5(成美堂刊)」を副教材として使用します。

②【SDGsについて学ぶ教育プログラム】
報道写真を中心とするAFP通信のフォトアーカイブを活用して「SDGs」について学びます。授業を通じてプレゼンテーション能力、批判的思考能力「クリティカルシンキング」を育成します。SDGsについての学習は各教科や総合的な学習の時間(中学)、総合的な探究の時間(高校)等で実施します。
③【オリジナル授業プログラム】
その学校独自で実施する教育プログラム。最低限ひとクラス以上の実施が条件です。

【SDGs学習プログラム模擬授業のご紹介】
AFP通信の報道写真を、日本の中学・高校の教育現場で生かした新しいスタイルの授業が、2021年4月18日、東京・駒込の聖学院中学校・高等学校で行われました。講師は、「教育界のノーベル賞」と称されるグローバル・ティーチャー賞に2016年、日本人として初のトップ10に選出された郄橋一也先生です。
https://www.afpbb.com/articles/-/3350513

今回の実証事業では、上記①、②、③何れかのプログラムを選択できます。

今回の公募に申請して、“AFP World Academic Archive”を活用した先進的教育プログラムに参画してみませんか(参画はクラス単位、学年単位、全学単位の何れも可)。
“AFP World Academic Archive” の詳細情報はこちらから。
http://www.afpwaa.com/

(株)クリエイティヴ・リンクが昨年度行った「令和元年度補正 先端的教育用ソフトウェア導入実証事業成果報告」につきましてはこちらをご参照ください。
https://servicedesign-engineering.jp/pages/33/
■成果報告動画
https://youtu.be/MoswcaPi1jM
■成果報告レポート
https://servicedesign-engineering.jp/files/libs/332/202103041837245799.pdf

クリエイティヴ・リンクへのお申し込みについて 

クリエイティヴ・リンクはEdTech事業者として補助金申請の各種手続き、提案・導入のサポート等を行います。
この機会にぜひ“AFP World Academic Archive”を活用した先進的教育プログラムに参画してみませんか。
ご希望の方は以下の入力フォームにご記入後、送信してください。ご入力いただいた内容を確認後、速やかに弊社
よりご連絡させていただきます。

【受付締切】 2021年7月2日(金)17:00

【今後のスケジュール】
1.ご入力いただいた内容を確認後、クリエイティヴ・リンクより貴学ご担当者と今回の実証事業企画内容についてご相談を進め具体的な申請内容を確定いたします。
2.クリエイティヴ・リンクは事業者側として経済産業省に今回申請する全ての手続きを行います。
3.経済産業省が申請内容を審査します(2021年7月9日〜2021年8月中旬)。
4.審査後、EdTech導入補助金事務局より交付決定通知が来て実証事業がスタートします(
申請が不採用になった場合はこの時点で終了)。
5.実証事業の実施期間は「交付決定日〜2021年12月27日」になります。

【注】今回の公募に申請して、“AFP World Academic Archive”を活用した先進的教育プログラムに参画してみませんか(参画はクラス単位、学年単位、全学単位の何れも可)。
【注】申請に至るまでの緒手続き、2021年度導入実証事業においては教育機関側(学校等設置者)の費用負担は一切ございません。“AFP World Academic Archive”の2022年度以降の継続利用については有料になりますので、別途御見積させていただきます。
なお、経産省への申請時には弊社と導入先教育機関とで合意した「導入検討用見積り兼事業内容確認書」の提出が必要になります。上記の導入先教育機関の代表者、責任者名に記入する氏名は、補助事業についての責を負える者(※)が記載することになります。
(※)本事業における導入先の「補助事業についての責を負える者」とは、学校等設置者(自治体教育委員会)の場合は課長以上、学校法人の場合は理事長等、学校等教育機関の場合は学校長とします。
確認書の記載内容、書式は下記経産省の「エドテック導入補助金2021 → 資料ダウンロード → 事務局指定様式 → 導入検討用見積り兼事業内容確認書一式」からご確認ください。
https://www.edt-hojo.jp/download/

みなさまのご応募をお待ちしております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
AFP World Academic Archive 事務局
afpwaa@clc.net

株式会社クリエイティヴ・リンク
TEL:  03-6630-5078    FAX: 03-6674-1440


名前
メールアドレス
学校名
所属部署・担当科目
住所

-



電話
- -
貴学で実施予定の【AFP World Academic Archiveを活用する学習プログラム】
(複数選択可)
貴学で実証事業を行う場合の規模について
実証事業に参加される生徒数(予定)についてご記入ください。
実証事業を行う授業(科目・講座名等)についてご記入ください。

なお、経産省への申請時には弊社と導入先教育機関とで合意した「導入検討用見積り兼事業内容確認書」の提出が必要になります。
確認書の書式は下記経産省の「エドテック導入補助金2021 → 資料ダウンロード → 事務局指定様式 → 導入検討用見積り兼事業内容確認書一式」からご確認ください。

 
https://www.edt-hojo.jp/download/

「導入検討用見積り兼事業内容確認書」につきまして
その他、ご連絡事項など

クリエイティヴ・リンクへのお申し込みありがとうございます。
ご入力いただいた内容を確認後、速やかに弊社担当者よりご連絡させていただきます。


このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています