2021
World Alliance Forum in AWAJI
ITあわじ会議

   LIVE配信  

本イベントは終了いたしました。
ご視聴いただきまして誠にありがとうございました。

 2021年3月15日に「World Alliance Forum in AWAJI - ITあわじ会議」を開催いたします。

本会議は常に、「技術を通じて新しい社会を創生する」というコンセプトでテーマを設定し、次世代基幹産業を創造するための国際会議として毎年開催されてきました。本年は、「日々変化する日常において、国民の健康と生活を守る技術革新と制度改革」をテーマに、公益資本主義を前提とした健康長寿と、現在世界を震撼させている新型コロナウイルス感染拡大等の危機下においても国民生活を守るための制度改革に焦点を当て、開催致します。

 途中でがんになっても、目が見えなくなっても健康を回復し、車椅子の人も立って歩けるようになり、全ての国民が健康に暮らせる世界を実現するためには何が必要でしょうか。老衰で亡くなる人は、子供や孫たちもまさか1か月後に最期が来るとは想像できないくらい元気に日常生活を過ごし、年老いても身体や頭が健康であれば、働くことも遊ぶこともできます。私たちは、このような社会の実現には3つの要素、「技術イノベーション」「制度イノベーション」「エコシステム」が必要と考えています。

 「技術イノベーション」は、不慮の事故や難病、がんなどから健康な生活を守る技術のことを指します。高齢化が急速に進展するわが国においては、認知症など高齢者に特有の疾病についても、十分に配意すべきであり、多岐にわたる健康リスクに対する予防・診断・治療・予後管理を可能とする技術は、天寿を全うする直前まで健康でいられる社会に必要不可欠です。しかし、革新的な技術が生み出されても、その技術を必要としている人に必要なタイミングで届けられなければ、本来の目的は達成できません。したがって、技術の恩恵を国民に届ける「制度イノベーション」が求められます。再生医療については、条件付き承認制度がわが国で実現しましたが、更に難病などに適用拡大していく必要があるでしょう。最後に制度イノベーションと技術イノベーションの両者の方向性を合わせ、相乗的に発展させていくのが「エコシステム」です。これは技術開発者と制度の設計に関わる人々が同じ理念を共有するために不可欠なものであり、まさにこのあわじ会議がその舞台となって、世界に対しての見本となるよう期待します。

 周知の通り、昨年3月に開催が予定されていた同会議は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止する事態となりました。この感染症は世界中で多大なる影響を及ぼしており、今まで公益資本主義に賛同を示さなかった人々も含めて、現在の株主資本主義に対する疑念と、将来の未知の感染症のパンデミックや自然災害に対する不安を持ち始めています。米国のビジネスラウンドテーブルや世界経済フォーラム(通称ダボス会議)でもステークホルダーを重視する考え方が示され、今世界は人類社会の未来を大きく変えうる岐路に立っていると言えます。この状況を踏まえて、本会議では医療に関わる制度に加えて、企業が内部留保を確保して、感染症や自然災害時に売り上げが立たなくても従業員の健康・生活を守れる会社法制、更には公益資本主義的な経営を表現する財務諸表の設計など、国民生活を守るための制度についても議論する予定です。公益資本主義実現に向けたロードマップを淡路、そして日本から世界に対して発信していきたいと思います。

 併せて、公益資本主義を実際の経営の現場で実践することを企業経営者の間で広めていくため2019年10月1日に設立された公益資本主義実践協会の具体的活動や今後の進め方についても、紹介させていただき、討議出来ればと考えております。

 現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大規模な会場開催が困難になっておりますが、多くの方々にご覧になって頂きたいとの想いから、会場での議論の模様をWEB配信にて中継致します。現下の状況をご賢察の上、ご参加賜りますようお願い申し上げます。

  このあわじ会議の議論が、世界中に天寿を全うする直前まで健康でいられる社会を実現していく礎となるとともに、この基盤となっている公益資本主義がわが国の主導のもとに世界に広がり、世界中で健康で教育を受けた中間層が確立され、紛争の遠因をなくすことで世界平和につながることを期待しております。

概要

■名 称: 2021ワールド・アライアンス・フォーラム in あわじ

■テーマ: 日々変化する日常において、国民の健康と生活を守る技術革新と制度改革

■期 日: 2021年3月15日(月)12:30〜19:00

■参加費: 無料

■配 信: LIVE配信  ※淡路夢舞台国際会議場 メインホールより中継

■主 催: 兵庫県、公益財団法人原総合知的通信システム基金

■共 催: アライアンス・フォーラム財団

■後 援: 総務省、経済産業省、外務省、公益財団法人新産業創造研究機構(NIRO)、

      関西経済連合会、関西経済同友会 [全て予定]

■企 画: アライアンス・フォーラム財団、デフタ パートナーズ



お問い合わせ:あわじ会議事務局
TEL 03-5532-8898

プログラム(仮)

(敬称略)
12:30〜12:35  挨拶     井戸 敏三   兵庫県知事

12:35〜12:40  挨拶        原       丈人   公益財団法人 原総合知的通信システム基金 会長

                原       健人     公益財団法人 原総合知的通信システム基金 代表理事 
                       株式会社データコントロール 代表取締役社長


12:40〜13:40  基調講演   原  丈人   アライアンス・フォーラム財団 会長

13:40〜13:55  スピーチ   「公益資本主義実践協会について」
                  三谷    充    公益資本主義実践協会 専務理事、三谷産業株式会社 取締役会長

13:55〜14:05  休憩

14:05〜15:30  セッション1 「天寿を全うするまで健康でいられる社会の実現へ向けた技術革新

            議長  渡辺 恭良      国立研究開発法人理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー、

                                                                                     大阪市立大学 大学院医学研究科 客員教授
                              パネリスト  近藤 昭彦      神戸大学大学院  科学技術イノベーション研究科  研究科長・教授
                              パネリスト  城戸 康年      大阪市立大学大学院医学研究科  寄生虫学/感染症科学研究センター  准教授

                              パネリスト       武部    貴則           東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授
                                                         (録画)
                              パネリスト  David Elmaleh  Chairman & CSO, AZTherapies
                (録画)       神経変性疾患の革新的治療法を開発するベンチャー
         パネリスト  Murielle        CEO, Ontera
                Thinard-McLane  物質・ウイルスの存否検出に貢献する診断技術を開発するベンチャー
                (録画)

15:30〜15:40  休憩

15:40〜17:20  セッション2 「公益資本主義実践と実現のための法・会計制度改革

           議長  丹治 幹雄   アライアンス・フォーラム財団 理事
        パネリスト  上村 達男   早稲田大学 名誉教授

        パネリスト  スズキ トモ     早稲田大学 教授
        パネリスト  大山 健太郎        アイリスオーヤマ株式会社 代表取締役会長
        パネリスト  岩田 圭剛   岩田地崎建設株式会社 代表取締役社長
        パネリスト  三谷 忠照   三谷産業株式会社 取締役社長


17:20〜17:30  休憩

17:30〜18:55  総括セッション 「豊かで健康な中間層を創り出すためのロードマップ」 

           議長  原     丈人    アライアンス・フォーラム財団 会長
        パネリスト  スズキ トモ      早稲田大学 教授

        パネリスト  山本 一彦    神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 教授
        パネリスト  渡辺 宏之    早稲田大学 教授
        パネリスト  稲邑 拓馬    経済産業省 商務情報政策局 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課長

18:55〜19:00  閉会の挨拶    原     健人    公益財団法人 原総合知的通信システム基金 代表理事 
                        株式会社データコントロール 代表取締役社長

※本資料に記載の会社名・所属・役職等の記載は、2021年2月2日時点のものです。

※内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。