Japanマラソンクラブ

ゼロから学ぶ初心者のマラソン教室

はじめてのフルマラソン完走プロジェクト
2018

〜チャレンジする以上絶対に完走したいあなたへ〜

2018年フルマラソンに初めてチャレンジする方必見!!
10〜12月のフルマラソンに挑戦する方のためのクラスがスタートします!

今まさにマラソンに挑戦しようとしているあなた。

・まさか自分がマラソンをやることになろうとは。。。
・42.195Kなんて、まったくよくわからないし、想像がつかない。。。
でもとにかく楽しく完走できればいい!歩いてでも完走できるんでしょ??。。。

しかし、このページを見ている時点であなたはフルマラソンを舐めてはいないはずです。
しっかり準備をしようとする気持ちがあって、情報を探していますよね。

ランニング教室のご案内の前に少し、フルマラソン初挑戦についてお話します。
ぜひ、このまま読み進めてください。

巷でマラソンブームと言われもう10年以上たちます。やはりきっかけは2007年に始った『東京マラソン』という
大規模都市型の一般市民ランナー参加型の大会が出来たから。これは紛れもない事実です。
年々大型の大会が開かれ、一年通して一般の方でも楽しめる参加型スポーツに昇華しました。
それにともないランニングを健康運動として始めるかたはもちろん、多種多様な顔をもつカテゴリーに成長しました。

もしかしたらあなたの周りにもマラソンをやっている人が身近にいるのかもしれません。

そんな世界にようこそ!
ランニング、マラソンワールドへようこそ。

フルマラソンに申し込んだきっかけはなんだったのでしょうか?

とりあえず飲み会の席の勢いでエントリーしてしまった?
誰かの奨めでエントリーしてしまった?

もしかしたら、すでに周りにマラソンをやっている人、完走したことがある方がいたら
その方はこう言ったかもしれません。

『大丈夫、大丈夫。私でもできたから!』と。

結構無責任です(^^ゞ

毎年応募はしているが全く当たらず。。しかし今回初めて当選して初フルマラソンに挑戦?
いいや、一生に一度のおおいなる挑戦!自分を変える壮大なる挑戦!
かもしれませんね。

そんなあなたをぜひ応援、サポートさせてください。


さて本当にまだこの世界の知識や情報が少ない人がほとんどかと思いますので、
フルマラソンに挑戦するみなさんのために‼あえて脅かすようなことも少しだけ言いたいと思います。

市民のフルマラソンは制限時間も一見、7時間〜5時間とたっぷりあるように思えます。
が、完走できない方が毎回相当数いるのがマラソンです。
挑戦することにもちろん意義があるのですが、マラソンはアドリブが効かないスポーツ。
なんとなく完走できたっていうのはほとんどありえません。

トップ選手は2時間前半でゴールするのがアスリートのマラソン競技。(世界記録は2:02台!)

しかし一般の方の初めての挑戦だと5時間、6時間平気でかかるのがマラソン。
やっていくうちに5時間を切ることが初心者ランナーのフルマラソンの最初の目標?的なタイムだとすると、
6時間以上かかるのは半分くらいウォーキングになってしまっている状態です。)
頑張って取り組んでいる一般ランナーだと、4時間切ることが目標になってくるのですが、
それでもトップ選手の2倍近い時間走り続けないとなりません。

それだけ大変で差が出るスポーツです。とにかく42.195㎞は長いです。

そして、ゆっくりだから完走できるわけではないです。
ジョギングのようなゆっくりした走りであればあるほど、より長く体を動かし続ける体力と補給が必要になります。
健康運動としての30分〜1時間の散歩やジョギングとは違うのです。

言ってしまえば、ただ長時間長距離を『走るだけ』ですが、だからこそ正しい知識と準備が必要です。
長距離長時間走るための体作りにダイエット、ケアや道具、
練習方法も含め、基礎を知らずに挑戦していいものではないんです。
(完走(完歩?)したとしても、苦しくても感動して笑顔のゴールなのか。
体がぼろぼろで足引きづりながら二度とやるもんかっていうゴールなのか)

ランニングは本当に正しく行えば年齢や運動経験関係なく、生涯スポーツとして楽しめるものです。
どんどん成長・上達していく楽しさがあります。
自分なりの目標(ゴール、ハードル)を自分で作っていくことができます。

続けているうちに身体も引き締まり、いつのまにかダイエットも成功し、健康なライフスタイルを手に入れていたりします。
それも知らぬ間に!

ぜひきちんと準備をして、マラソンというスポーツに挑戦する期間を密に過ごして、
当日ゼッケンをつけてスタートに着く緊張感、わくわく感、そして完走してゴールにかけこむ感動を味わってほしいと思います。

どんどん暑い季節になってきます。外に出るのがおっくうです。
しかし涼しくなる秋になったら始めよう。。。と急に、直前にやり始めて、10月に入ったころには膝が痛い。。。><
とても完走できる気がしない。。。どんどんマイナスイメージが膨らみ不安だけが増幅します。

言い訳はいくらでもできるスポーツです。

辞めるのも自分できめていいのですが、それではせっかく決めた挑戦が本番を待たずに挫折となってしまいます。
それでは残念過ぎます。

フルマラソン挑戦は、健康運動、ダイエット運動の領域では間違いなくありません。
乱暴な言い方かもしれませんが膝や腰などが想定内で痛くなることを経験するでしよう。
体験したことのない筋肉痛を味わうかもしれない。足がつる、動かなくなるなど極限の状態を経験してしまうかもしれない。

しかし、これもみんな正しい知識とスポーツ参加の準備を怠らなければ軽減できることなのです。

市民ランナーに予選はありません、練習試合もありません。誰でもお金を払えば出ていいんです。
一般の方にとってはぶっつけ本番的な色合いも強いのがフルマラソン。
でも本当に簡単ではなくリスクもあるということを知っておいてください。

挑戦を決意し、出場するからにはゴールを目指してほしい。
もちろんあなたも、出るからには完走したいですよね!?
みんなに応援されながら、気持ちよく走りたいですよね!?
それまでのプロセスで何か自分に変化が起こることを期待したいですよね!?
感動のゴールを味わいたいですよね!?

きっと
未知なる世界に挑戦する自分にわくわくドキドキもしてるはずです。

ここまで読んでいただいたことが、まずあなたががきちんと準備をして始めないとと、不安に思い
そして何かを探した最初の行動かもしれません。

たくさん雑誌や関連書籍が出ていますからそれを読んだり、WEBで情報を得ることは今の時代は難しくありません。
しかしなんだかんだ言って過酷なスポーツ種目です。壮大なチャレンジです。
頭でっかちの自己流でできるスポーツではありません。

どうぞ真剣にスポーツとして取り組んでください。

JMCのフルマラソン完走プロジェクトは、今年で10期目。
毎回ほとんどの皆さんが初めて挑戦をするという同じベクトルを向いているスクールのため、
互いに影響しあって、成長も早く、モチベーションも切れません。
不安を一つ一つ解消し、着実に体力アップを進めていくプログラムです。
ベテランのコーチ陣が指導にあたります。

そして本講座では
本番挑戦までの約5か月間、人生の中でもとても貴重で有意義な期間になること間違いありません。
ぜひ準備を怠らず、目標の完走のためにこれから頑張っていきましょう。

そして大会当日はぜひともたくさんの応援を受けて完走を成し遂げてもらいたいと思います。

ぜひ、まずは体験レッスンにお越しいただき、マラソンを学ぶ、習うというのはどういうものなのかご体験してみてください。
【東京:皇居クラス体験会】

       《火曜夜クラス》   19:00〜21:00 7月10日・7月24日            
                         《水曜午前クラス》10:00〜12:00 7月4日・7月18日
       《木曜午前クラス》10:00〜12:00 7月5日・7月26日
       《土曜午後クラス》14:30〜16:30 7月7日・7月21日
       《日曜午前クラス》 9:30〜11:30 7月15日・7月29日


        集合:開始30分前に永田町adidasRUNBASE前
          (お着替え、荷物預けの必要のない方は15分前)

概要

■レッスン名:はじめてのフルマラソン完走プロジェクト2018体験会
■時間:各120分
■会場:皇居周辺、迎賓館周辺
■定員:各クラス20名 定員になり次第締め切り
■体験費:3,240円(税込)
■お振込先
みずほ銀行 麹町支店 普通 1462973
JMCランライフ株式会社
※お振込み手数料はご負担いただきます。
※お振込み後の返金はできかねますので、あらかじめご了承ください。

■持ち物:水分補給のできるお飲物、帽子 ※これから用意し、揃えていくものなどはレッスン時にお伝えします。
     まずは運動のできる格好、シューズでお越しください。
■その他
・基本的に小雨の場合は決行ですが、荒天時は中止となる場合がございます。
レッスン及びイベント中止の際は集合時刻2時間前に
HP右下のTwitterの最新情報と下記公式ブログにてお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
 【Japanマラソンクラブ公式ブログ】http://www.jmcrun.com/category/blog/
 【Japanマラソンクラブ公式Twitter】jmcrun

体験レッスン内容

■フルマラソン挑戦にあたっての心構え!と、これから用意すべき道具(シューズやウエア、アイテム)の説明

■故障しない!楽に走るための正しいシューズの履き方

■良いフォームづくりのためには必須!ウォーミングアップ、ストレッチ

■走りの基本を知る!フォームづくりの要の姿勢作り基礎ドリル

■実践!ウォーク&ジョグ

■故障しない!疲れを残さない!クールダウン、ストレッチ

■まとめ

レッスン風景

【東京:皇居クラス本講座】
《火曜クラス》19:00〜21:00   7月10日スタート
       《水曜クラス》10:00〜12:00 7月4日スタート
       《木曜クラス》10:00〜12:00 7月5日スタート
       《土曜クラス》14:30〜16:30 7月7日スタート
       《日曜クラス》9:30〜11:30   7月15日スタート

             ※各クラスのスケジュールはクラス名をクリック↑
        集合:開始30分前にadidasRUNBASE前
          (お着替え、荷物預けの必要のない方は15分前)

本講座概要

■レッスン名:はじめてのフルマラソン完走プロジェクト2018本講座

■時間:2時間30分 ※レッスン日により120分、180分間の回あり

■会場:皇居周辺、迎賓館周辺

■内容:全10回+特別練習会の5ヵ月間短期集中講座
(1)基本の姿勢をマスター
(2)柔軟性をアップして効率的な動きを身に着ける
(3)セルフケアをマスター/8キロ(60分)Jog
(4)補給食と給水/10キロJog
(5)距離を伸ばして走ろう 15キロ走 (補給食・給水)
(6)ペースアップしてみよう!(10キロ(70分)
(7)本番を想定したペースで走ろう!(15キロペース走)
(8)大会までの心得 (10キロ(70分)
(9)本番を想定したペースで走ろう!(15キロペース走)
(10)大会までの心得 (10キロ(70分)

■定員:各クラス20名 ※定員になり次第締め切り
■持ち物:水分補給のできるお飲物、帽子 ※これから用意し、揃えていくものなどレッスン時にお伝えします。
■受講費:
1)一般のお申し込み 54,000円 (税込)レクリエーション傷害保険・事務手数料込)
2)JMC会員様(定期クラスに通われている方のW受講)のお申込み 43,200円(税込):レクリエーション傷害保険・事務手数料込)

■お振込み先
みずほ銀行 麹町支店 普通 1462973
JMCランライフ株式会社
※お振込み手数料はご負担いただきます。
※お振込み後の返金はできかねますので、あらかじめご了承ください。

■その他
・基本的に小雨の場合は決行ですが、荒天時は中止となる場合がございます。
レッスン及びイベント中止の際は集合時刻2時間前に
HP右下のTwitterの最新情報と下記公式ブログにてお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
 【Japanマラソンクラブ公式ブログ】http://www.jmcrun.com/category/blog/
 【Japanマラソンクラブ公式Twitter】jmcrun

入会特典

★完走セット付き★
・ワークシート
・ケア用品(アイシングバンテージ)
・補給食サプリトライアルセット

★メンバーオリジナルTシャツプレゼント★
(但し第一回目の講座開始までの先行入会申込者様限定です。)

メンバーオリジナルTシャツ

第一回目の講座開始までの先行入会申込者様限定!

ワークシート

レッスン日以外のトレーニングもこれで悩まない!

アイシングバンテージ

疲労回復に!故障予防に!効果絶大必須アイテム!

補給食サプリトライアルセット
(エネルギージェル)

固形に近いので噛む事で満足感が得られ吸収効率も高くなります。3食の味をご用意!

補給食サプリトライアルセット
(アミノダイレクト)

運動前、運動中、運動後に摂取しよう!

補給食サプリトライアルセット
(塩熱サプリ)

汗で失われたミネラルの補給に!

大会当日アルバム

アクセス

お申し込み

お申込み後に受付完了と詳細のご案内を自動返信させていただいております。
メールが届かない場合は下記アドレスまでご連絡ください。
【お問い合わせ】info@jmcrun.com(Japanマラソンクラブ事務局)
- - ※携帯お持ちの方は携帯電話番号
-




【アンケートへのご協力をお願いします】

当クラブを何で知りましたか
ランニング歴
ランニングをはじめようと思ったきっかけはなんですか
興味・関心のあること

・自分自身の意思で、以下の理解の上でこのランニング教室に参加すること。
・参加するために十分な健康状態であること。
・ケガその他を負った場合、Japanマラソンクラブに対して、費用や損害賠償を請求しないこと。