民間メディカルコントロール医師 認定指定講習

病院前救護統括体制認定機構(PMO)
民間メディカルコントロール医師 認定指定講習(3時間)

 
【民間メディカルコントロール・医師認定】
民間メディカルコントロール医師認定には下記の要件が定められています。ご確認の上お申込みください。
_______________________________________
 
1.医師免許を有すること。(取得後5年以上)        
 
2.日本救急医学会、日本臨床救急医学会、日本医師会、日本集団災害医学会、日本病院前診療医学会、日本航空医療学会、日本病院前救急救命学会、日本救急看護学会、日本旅行学会、日本救護救急学会、全国救急救命士教育施設協議会のいずれかの会員であること。    
                 
3.日本救急医学会の実施する「メディカルコントロール医師に対する研修」の受講または講師、あるいは日本臨床救急医学会・厚生労働省・日本救急医療財団の行う「病院前救急医療体制にかかわる研修」などの受講または講義の経験があることが望ましい
 
4.病院前救急医療のメディカルコントロール経験の以下のいずれかに該当すること。(各種メディカルコントロールの経験(MC協議会での役職・業務を含む)救急隊員教育歴、病院前救急現場の医療経験・消防機関の指導医歴・病院前救護の現場 医療経験など)
 
(ア)メディカルコントロール協議会での役職あるいは業務についた経験を有すること。
(イ)医師免許取得後の救急車同乗(12時間以上)を通じて、救急隊員が現場及び搬送途上で行う業務を理解していること。
(ウ)消防学校での救急隊員教育または、救急隊員を対象とする救急救命士養成所での救急救命士教育において、講義もしくはシミュレーションの指導経験を有すること。
(エ)病院前救急現場(ドクターカー・ドクターヘリ、病院救急車の同乗、その他の救急搬送などを含む)での医療経験があること。
(オ)消防機関の指示・指導医として委嘱され、オンライン・メディカルコントロールの直接的指示や事後検証・プロトコルの策定を行ったことがあること。
(カ)病院前救護の現場(地域包括医療での病院前活動や地域で行うスポーツイベントやマスギャザリングイベントなどの病院前救護や救護所など)での医療経験があること。
 
_______________________________________
 
■申請書類には要件を証明する書類の添付が必要となります。
詳しくは当機構ホームページをご覧頂き、ご確認の上お申込みください。
 

*は必須項目です
商品名 価格 (税込) 注文数
民間メディカルコントロール医師認定 指定講習 10,000円 講座
お支払い方法の指定
商品合計 (税込)
合計
*受講会場
*会場は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

(確認用)
【登録するメールアドレスについて】
*携帯キャリアメールではご登録頂けません。
*クラウドメールの際には「迷惑メールホルダー」に自動振り分けされる場合がありますのでご注意下さい。(@abpmo.orgの受信登録をしてください)
*申し込み完了後、自動返信メールが届かない場合は、jimukyoku@abpmo.org までご連絡下さい。
*性別
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
受講料を御所属で支払う場合には、必ずこちらに振込み名義をご記載ください。
 こちらをご確認ください