6月・東京開催・ Upper Body Integration(UBI)

「呼吸」「感覚」「脳と脳神経」で学ぶ感覚運動系を基にした頭頸部~胸郭肩甲帯~上肢への運動療法を学ぶ講座です。

上肢で適切な巧緻性やパワーを発揮するために必要な「頭蓋頸椎-胸郭肩甲帯-上腕-手のアラインメント」「胸腔内圧の調整法」「競技者のトレーニング・コンディショニング法」「上肢のPUSH&PULL/巧緻性/パワー発揮」等を学びます。

特に投球・ラケット競技のアスリートや、上半身の機能不全を抱えるクライアントに関わる指導者にお薦めできる内容です。


学習目標
1. 頭蓋頸椎-胸郭肩甲帯-上肢に及ぶ機能的ユニットの役割と機能を理解する
2. 頭蓋頸椎-胸郭肩甲帯の評価・エクササイズ・徒手的アプローチを習得する
3. 上肢の巧緻性を最大化するアプローチを習得する
4. 上肢の爆発的なパワー発揮を向上するアプローチを習得する
5. 日常生活指導を含む実践的なプログラミング法を習得する


内容
・イントロダクション(感覚運動系を基にしたアプローチの全体像)
・頭蓋頸椎-胸郭肩甲帯-上肢に及ぶ機能的ユニットの役割と機能
・上半身のアラインメント評価と解釈
・頭蓋頸椎の機能評価・訓練法
・胸椎の評価・訓練法
・胸郭肩甲帯の機能評価・訓練法
・上肢の機能評価・訓練法(巧緻性/パワー発揮)
・胸腔内圧(ITP)を活用した上半身へのアプローチ
・上肢PUSH/上肢PULLの訓練法
・グラウンド・ムーブメント(上肢編)
・認識&判断を伴うフィジカル・トレーニング(上肢編)
・投球・ラケットスポーツへの活用法と注意点
・アームスピードについて
・質疑応答


【日程】
2024年6月1日(土曜)
9:30-16:30予定
※会場により、開始終了時間ともに上記より30分前後する可能性がございます。


【場所】
東京都大田区もしくは神奈川県川崎市の施設を予定しております。
※開催の1ヶ月前を目処に確定いたします。
※会場が確定次第、お申し込み時のメールアドレスにお知らせいたします。


【費用】
27,500円(税込)

『AZCARE在学生割引料金』
AZCARE ACADEMY在学生特典としまして受講料半額とさせていただきます。

本セミナー開催時点で在学中の方
13,750円(税込)


【定員】
40名


【対象】
トレーナー、理学療法士、作業療法士、ボディーワーカー、インストラクター、学生など


【講師】
近藤拓人
AZCARE ACADEMY 代表
パーソナルトレーニングジムNEXPORT新小岩 代表

お問い合わせ:info.mail.thk@gmail.com(担当:柴森)


名前
フリガナ
メールアドレス
お申込み完了後、「autoreply@form-mailer.jp」より、自動返信メールが届きます。

 ドメイン指定などの受信制限を設定されている場合には、上記アドレスからのEメールが受信できるよう事前にパソコン・携帯電話の設定を行っていただきますようお願いいたします。

 24時間以内に自動返信メールが届かない場合、お手数ではございますが、「info.mail.thk@gmail.com」までご連絡ください。
住所
郵便番号
-




連絡先
-
-
お申し込み希望日
職業
近藤 拓人セミナー受講について
※複数回答可
領収書発行有無
領収書宛名
領収書希望の方は、宛名をご記入ください。
こちらに記載のない場合は、領収書の発行はいたしかねます。
※当日の領収書発行はいたしかねますので予めご了承ください。
キャンセルポリシー・著作権

必ずご同意の上お申し込みください。

<キャンセルポリシー> 
● 参加者都合によるご入金後のキャンセルの場合、開催2ヶ月前までは振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。開催2ヶ月を切ってのキャンセルの場合は、ご返金致しかねます。予めご了承ください。
●受講料お支払い前であればキャンセル料は発生致しません。またどなたかにセミナー参加枠を譲渡することは可能ですので、その旨をお伝えください。
●ただし個人情報保護のため、キャンセル待ちの方のご紹介は致しかねます。
● 受講料の振り込み手数料はご負担願います
● 天候不良等によりセミナーを開催することが困難な場合や、主催者都合によりセミナーを中止した場合、受講料は全額返金致します

<著作権>
● ご参加の方は受講資料(実技を撮影した場合の映像記録を含む)を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、受講者個人の私的利用の範囲外で使用したり、または第三者に対して、貸与、譲渡、修正、翻訳、頒布、使用、改変等を行ってはならないものとします(ただし講義の撮影はご遠慮ください)
● ご参加の方は権利者の許可を得ずに、本セミナーを通じて提供されるいかなる情報についても、著作権法で認められる個人の私的複製など著作権による制約を受けない範囲を超えて使用することはできません。
本項の規定に違反して権利者あるいは第三者との間で問題が生じた場合、自己の責任と費用においてその問題を解決するとともに、弊社に何の迷惑または損害を与えないものとします。