JFEJ連続講座「次代を表現するジャーナリストに学ぶ」

JFEJでは、環境ジャーナリスト講座2017を開催いたします。
再生可能エネルギー、SDGs(持続可能な開発目標)、里山資本主義など、次の社会をつくるテーマをどう捉え、表現するのか。将来を見据えながら現在の様々な事象に向き合うジャーナリストから直接、学びます。テーマが集約された現場を記者たちと歩くフィールドワークも体験します。最後に“卒業作品”を記者が講評し、添削の上、希望者には公表の機会を設ける実践的な講座です。
 
フィールドワーク(FW)以外は毎週水曜日19:00-20:40開講。
全8回(FWを含む)開催いたします。
※場所はFW以外は環境パートナーシッププラザ(表参道)です。

 
第1回 10月4日(水) 井上恭介「里山資本主義から里海、里川へ」
              (NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
第2回 10月11日(水) 田中泰義「アラスカで感じた科学を書く苦悩」
               (毎日新聞医療福祉部長)
第3回 10月18日(水) 山田優「日米の情報公開法で、日米密約に迫る」
              (日本農業新聞特別編集委員)
第4回 10月21日(土)FW「日本農業遺産 三富新田(埼玉県)を歩く」
              (現地講師・中西博之 元埼玉新聞記者、現地の農家2軒)
第5回 11月1日(水) 森健「求められる仮説構想力と現場力」
              (フリーランス ノンフィクションライター)
第6回 11月15日(水) 久保田賢次「登山文化が変わる、雑誌作りも変わる」
              (山と溪谷社ヤマケイ登山総合研究所所長)
第7回 11月22日(水)北郷美由紀「環境問題の社会化とSDGs」
              (朝日新聞報道局記者)
第8回 11月29日(木)“卒業作品”の講評
             (竹内敬二 エネルギー戦略研究所シニアフェロー/元朝日新聞編集委員ほか)
 
詳細はホームページをご覧ください。

*は必須項目です
*区分

(確認用)
- -
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
*受講日をチェックまたは「全回」をチェック
一般:2000 円/ 各回
一般:全8 回一括払1万2000 円
学生はいずれも半額(学生証提示) 
JFEJ会員・準会員:500 円/ 各回

講師一覧とテーマ、【参考文献】はホームページでご確認ください。
 
フィールドワーク(FW)は現地タクシー実費(500円程度)がかかります。
原則、事前にお振り込みをお願いしていますが、直前の申し込み等の場合、当日現金でも対応致します。
この講座を知ったきっかけを具体的に教えてください。
例)●●新聞、JFEJホームページ、知人の紹介etc.