「事態対処医療」注文フォーム

ヘルス出版「事態対処医療」を注文するフォームです。

*は必須項目です
商品名 価格 (税込) 注文数
「事態対処医療」購入[ 画 像 ] 10,800円
商品合計 (税込)
合計
注文確認の自動返信メールが届きます。
携帯電話のメールアドレスを使用する際は
info@tacmeda.com
からのメールを受信ができるよう設定しておいて下さい。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
「事態対処医療」の領収書について
上記送付先と異なる場合のみ記入
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
*本申し込みフォームをお知りになったきっかけ
弊社のパートナー企業との連携の強化及び
効率的な広告の為、上記の質問へご回答
願います。
ご回答は最も強い動機となったものを
お選び願います。
フォームへの入力・送信による申し込みができない場合は
フォームの入力項目の内容を以下のメールアドレスまで
お送り願います。
info@tacmeda.com
一般社団法人 TACMEDA協議会 事務局
「事態対処医療 Tactical Medicine Essentials」について
1 この教科書があなたにもたらすもの
「事態対処医療」とは「戦闘に関わる医療」のことです。この教科書により、テロや戦争における戦闘により起因する銃創や爆傷等の救護・治療について、銃撃戦や爆発の危険がある環境で、かつ医療資源が制約を受けている地域で、多くの負傷者の最大救命をいかに実現すべきかについて学ぶことができます。
本教科書が、購入された皆様の「事態対処医療」の理解への扉となり、さらに日本国での事態対処医療の実践、発展の一助となるものと信じています。
2 内 容
本教科書の内容は環境による緊急症である寒冷損傷や熱中症、落雷の他、毒を持つ昆虫や毒蛇等への対処法、戦闘現場での投薬治療、大量破壊兵器(CBRNE)についても記述が及んでいます。CBRNE (シーバーン)とは、C:化学(chemical)・B:生物 (biological)・R:放射性物質 (radiological)・N:核 (nuclear)・E:爆発物(explosive)に起因する、平時の医療の対応能力を遥かに超える事態です。
危険物、危険ドラッグの密造所での捜査で注意すべきこと、汚染対策、除染方法等が書かれているので、麻薬や危険ドラッグ取締りにおいても有用です。
負傷した警察犬に提供する救護・医療についても書かれているので、警備犬や救助犬を運用する機関や会社においても役に立つ教科書です。
3 これからの日本に必須の教科書 
  この教科書はこれからの日本に必須です。伊勢志摩サミットや東京オリンピックの対テロ対策に、安全保障関連法案の可決に伴うPKO等での駆けつけ警護等、これからの日本人は現代の戦闘に直面するおそれが増加します。また、日本国は被爆国であり地下鉄サリン事件も発生しましたが、こうした大量破壊兵器は日に日に進化しており用い方も様々です。かつて経験したことのない事態に備えるために、この教科書は大いに役立ちます。
4 構成と記述体系
この、米国救急医学会作成の教科書は、写真、図表が豊富で初心者にもわかりやすく、日本人には周知されていない銃器や防弾装備に関する基礎知識から平時の健康管理法まで含めた、バランスのとれた構成となっているのが特長で、日本での事態対処医療の入門書として最も適切なものです。
本教科書の第1部では事態対処医療の総論として、その歴史、任務内容、装備、武器概論、運用などが明快に解説されています。続いて第2部からの各論では、傷病者の評価、出血の制御、気道の管理、ショックの管理、傷病者の運搬法のほか、銃創や爆傷などの戦闘外傷の理解を深める構成になっています。
米国の原著「Tactical Medicine Essentials」の翻訳のため、内容の一部においては日本国内との様々な相違も散見されますが、戦闘という緊迫した現場に据えなければならない基本的な医療的概念は共通するものと考えます。
本教科書の記述体系は「事態対処医療」の理解を深めるのみならず、手引書としての使用にも十分耐えうるよう極力配慮してあります。
5 目次等
第1部 総 論
第1章 事態対処医療要員の歴史と任務
第2章 事態対処医療要員の安全と健康
第3章 SWAT(特殊火器戦術部隊)ユニットの基本
第4章 事態対処医療要員の装備
第5章 火器の安全な取り扱いと射撃技術
第6章 従来の脅威と武器
第7章 医療情報と医療支援
第8章 自己防衛と近接戦闘術
第9章 事態対処運用
第10章 SWAT(特殊火器戦術部隊)出動の種類
 
第2部 各 論(損傷の評価と管理)
第11章 事態対処現場での傷病者評価
第12章 出血の制御
第13章 基本的な気道管理
第14章 高度な気道管理
第15章 ショックの管理
第16章 離脱と後送
第17章 銃創、爆傷、低致死性兵器による損傷
第18章 体幹部損傷
第19章 頭部・頸部・脊柱損傷
第20章 四肢外傷
第21章 軟部組織の損傷
第22章 環境による緊急症
第23章 事態対処現場での投薬治療
第24章 大量破壊兵器
第25章 危険物および不法薬物密造所
第26章 事態対処医療における諸問題
付録A 警察犬の管理
付録B 事態対処医療(TEMS)記入用紙
 
定価 10,800円(税込)
配送料432円
監訳:事態対処医療研究会
編集:布施 明(日本医科大学)
編集:齋藤 大蔵(防衛医科大学校)
翻訳協力:警視庁
1版・A4・388ページ・並製
発行年月:2015年06月
ISBN 978-4-89269-868-2
※記載されている所属・肩書は、出版当時のものです。
6 研修コースのご案内
「事態対処医療」について、米国では原著「Tactical Medicine Essentials」の著者らによる研修コースが開催されています。
コース内容は
@ 戦闘中に負傷した警察官の救出・救助法
A 戦闘中の患者の評価
B フォース オン フォース トレーニング(エアソフトガンや電動ガン等で撃ち合い、負傷したところを救護・治療する実践的な訓練)
C 凶悪犯やテロリズムへの対処法
の4つについて受講者の知識と能力の質が保たれ、一定の水準以上の習得度が確認されましたら、その認定を受けることができ、指導者になる道も拓かれています。
現在、日本国内においても本研修コースを開催するための準備が進められています。
7 購入フォームからの購入者特典のご案内
購入フォームにより本教科書を購入された皆様には、より理解を深めるためのブログや動画サイト、共に「事態対処医療」について学ぶコミュニティについて紹介しまして、常に最新の情報が得られるように手配いたします。
8 関連教科書のご案内
「救急救命スタッフのためのITLS 第2版」
「事態対処医療」の内容のうち医療技術に関して対になる教科書です。
「事態対処医療」は戦闘時の応用技術について書かれています。
応用に至るまでの、基本的技術について「救急救命スタッフのためのITLS 第2版」では世界最新の内容を学ぶことができ、原著者が「事態対処医療」と同一なので整合性も取られています。
この1冊で、病院搬入前の外傷救護・処置・治療について、受傷機序に関する理論から、傷病者の救出、観察、評価、救急処置、搬送中の処置・観察まで幅広く網羅し、小児や妊婦への対応について総合的に学ぶことができます。しかも、その内容は原著最新版(第7版)の翻訳であり国際的に標準化された世界最新のものです。
ITLS:International Trauma Life Supportとは世界初の病院搬入前の外傷救護・処置・治療教育訓練コースです。本書はITLSの各種研修コースにて教科書として使用されているもので、病院搬入前の外傷救護・処置・治療について総合的に解説する、救急医療スタッフ必携の書です。
記述内容は国際的に標準化された最新のものです。
それが故に先進国のMEDICが習得している技術が網羅されており、世界水準の戦闘外傷救護・治療の基本について学ぶ上で最適の一冊です。
「救急救命スタッフのためのITLS 第2版」購入申し込みフォーム
「救急救命スタッフのためのITLS 第2版」定価 7,560円(税込)
を、このフォームから購入することができます。
以下のフォームをコピー&ペーストしてお申し込み下さい。
 
https://business.form-mailer.jp/fms/3704a26b47883
フォームへの入力・送信による申し込みができない場合は
フォームの入力項目の内容を以下のメールアドレスまで
お送り願います。
info@tacmeda.com
一般社団法人 TACMEDA協議会 事務局