【福島正伸と6時間とことん質疑応答―クマの穴―/お申込み】

■「あらゆる悩み、疑問に6時間にわたって直接お答えします!」
 

こんにちは!アントレプレナーセンター福島です。
 
この度、「クマの穴」という少人数制で質疑応答に特化した
機会をつくることにいたしました。この名前の由来は、単純に私が好きな動物がクマだからです。
 
私は、これまで30年以上、多くの現場を訪問し、誰もが感じている疑問や課題に直接触れる機会がありました。仕事の業種や特性には関係性なく、すべての会社や組織には、「人」に関わる同じような悩みや課題がたくさんありました。
 
そしてそのような場面でさまざまな質問に答えてきました。現場からの質問シートは2万枚以上にもなりました。それらの具体的な質問一つ一つを考え、お答えすることは、迷いのない考え方を体系化していく貴重な経験にもなりました。
 
このクマの穴では、これまで私が得てきた本質的なノウハウをお伝えします。そしてやる気に溢れた理想の組織、チームを創るご支援をいたします。
 
すべての人が夢と勇気に溢れた社会を創っていきます。
 
株式会社アントレプレナーセンター
福島正伸
 
【クマの穴 −6/26開催パンフレットはこちらー】
http://www.entre.co.jp/keieigaku/200626
 

-----------------------------------------------------------------------------------
 
■「クマの穴」ってなんですか?
 
ここに入った人は、すべての悩みが解決するという秘密の空間です。とても小さな空間なので、少人数制になっています。ここでは、具体的な事例をもとに福島正伸との直接対話を通して、最幸のチームづくりや人材育成に関する本質を体得します。
 

-----------------------------------------------------------------------------------
 
【 対象者 】
 
●リーダーシップの在り方を学びたい方、組織の活性化を目指したい方
(個人事業主、サラリーマン、人事、人材開発、育成担当、経営幹部など、すべての方が対象です) 
 

-----------------------------------------------------------------------------------
 
■以下のような「悩み」に福島正伸が本質的にお答えします
 
・福島正伸のリーダーシップを直接学びたい
・社員が同じ目標に向かって進み、共に自己実現できるよう、仲間を応援しあえるチーム作りを学びたい
・みんなが活き活きと働くために、共通の言語(行動指針)を作るために、自分が行動するべき指針を学びたい
・組織の中での仲間づくり、自分も相手もやる気を出し、生産性を高めるための雰囲気づくりや、良い組織づくり、そのための考え方について学びたい
・助け合う風土を作るためにはどうすればよいか
・人材育成によって組織を成長させるためのヒントをつかみたい
・社内にてお客様志向で考えられるような組織風土醸成や行動変容の推進に携わっており、これらのヒントを得たい
・メンター制度の導入に向けて
・マネジャーとして、部下や同僚とかかわる際にどのようなマインドを持つのがよいか。それを実践するための日々の工夫は何か
・管理者ではなく、メンターになりたい。究極のリーダーに必要なこと
・主体性を引き出すメンタリング・マネジメントを学び、自身・チーム・組織の活性化に活かしたい
・多種多様な世の中の変化や人材の中で、目標に向けたチームマネージメント力を身に付けたい
・チームの効果的かつ永続的な活躍を目指す
・上司とは別の視点からメンタリングマネジメントについて学びたい
・育成とは、やる気とは何か
・人をやる気にさせる自身のあり方を深めたい
・人材育成、生産性向上という観点から自立型人材を育てるマネジメント手法を学び、自分自身のマネジメントを省みる機会としたい
・コントローラーではなくメンターとしてチーム強化・育成への指導法や在り方
・組織の中で真のリーダーとしての振る舞い
・自立型人材とメンタリングをもっと学びたい、自立型の姿勢の定着、自立型人材育成方法の肝
・自立型人材育成のノウハウを習得し、社内に周知したい
・後輩を指導してくために必要な心構えや、良い指導方法
・まだ部下はいない立場ですが、企画総括としての立場から、人を「育成」するということについて学びたい
・不平・不満探しのメンバーを何とかしたいです
・様々な個性や考え方を持つスタッフとの上手な接し方
・メンタリングマネジメントの考え方を身につけ人を惹きつけるメンターになるための気づきと学びを得たい、社員のメンターでありたい
・プロジェクトをマネジメントする上でメンバーが力を発揮できるようにするためのメンバーとの接し方などを学びたい
・人を育てる意義を学び、人の成長を自分の成長として考えるヒントを見つけていきたい
・人の行動をどのようにして変えるのか、人への接し方
・部下・後輩のやる気を引き出す指導のしかたを学びたい
・自分自身のモチベーションも上げたい
・最近、仕事に対してモチベーションが上がらず悩んでいます。何か前向きになれるきっかけを掴みたい
・仕事で幸せを感じる為に大切な事とは
・覚悟を維持するコツを知りたい
・能力向上を図ることは勿論、様々な方と触れ合うことで新たな気付きを得て、部門や組織の発展を行いたい
・組織長を中心とした自律的な組織を構築したい
・積極性を身につけたい
・以前、一度学んだが忘れていることを学び直したい
・まずは、しっかり自分自身を整えたい
・新しい発見をしたい
・自分も他人もやる気にさせたい
・前向きに考えられる心を常に持てるように
・メンバーと気持ちを合わせて会社をよりよくしたい
・自分自身が成長し、自分自身が変わることを学びたい
・自分の可能性を発揮できるようにしたい。人との関係性を整えたい
 



■【参加者特典<1>】
★下記、質問に対する福島の解答をまとめた「メンタリング・マニュアル」を御参加のみなさまに贈呈させていただきます

◆社員やアルバイトがすぐに辞めてしまいます
◆人手が足りなくて困っています
◆人の募集、採用はどのようにすればよいのでしょうか
◆メンターでは人の育成に時間がかかり過ぎて業務に支障が出ます。管理もしていかないと仕事にならないのではないでしょうか
◆社長やスタッフが素直に現状を報告してくれません。どうしたらいいでしょうか
◆自分以上の才能の芽を持ったスタッフを育成していく方法はありますか
◆自立するというのは、時には自己中心的な考え方になりませんか
◆自立型のマイナス面はありますか
◆他人をやる気にさせるには、どうしたらいいのでしょうか
◆前向きな考え方をうまく伝えるには、どうしたらいいのでしょうか
◆出来事をチャンスにするにはどうしたらいいのでしょうか
◆問題が起きると逃げたい気持ちになってしまいます
◆どうしたら前向きに逃げないようになれますか
◆自己責任とは何ですか
◆本当は他人に責任がある場合は、自己責任と考えることは自己犠牲になりませんか
◆他者支援は具体的に何をすればいいのでしょうか
◆他者支援といいながら押しつけてしまうことになりませんか
◆他者支援が相手にとって、おせっかいになることもあるのではないでしょうか
◆いつも他人に期待して、そして裏切られて苦しんでいます
◆依存型を直すにはどうしたらいいのでしょうか
◆自立するためには、具体的に何をどうすればいいのでしょうか
◆人に何かを頼んではいけませんか
◆依存と依頼はどう違うのですか

◆社員、スタッフ同士をうまく付き合わせるにはどうしたらいいでしょうか 
◆上司と部下の関係が良くありません。どうしたら力を合わせてやっていけるようになりますか
◆いろいろやっているつもりですが、スタッフが育ってきません。どうしたら育てられますか
◆人を育てるためには、どのような研修・機会が必要でしょうか
◆いくら注意しても、しかってもまったく効果がありません。こんな時はどうしたらいいのでしょうか
◆ほめることはできても、しかることができません。自分が嫌われるかもしれないという恐怖感があるからです
◆まわりががんばっていない中で、一人だけでがんばっているとめげそうになります
◆上司と意見が合いません。まるで宇宙人のようでまったく理解ができません
◆上司は私のやっている仕事の難しさをわかっていません
◆思わずカッとなって、他人のせいにしてしまった時に、どう対処すればよいでしょうか
◆メンターは良いことだとわかっていてもできません
◆相手を優先したいと思っても、どうしても自分の都合を優先してしまいます
◆自分が相手から尊敬されているかどうかは、どうしたらわかりますか
◆部下にやらせると失敗するのではないかと不安になり、仕事を任せることができません
◆メンターとなって自ら率先して努力しているのに、わかってくれません
◆若いスタッフがいます。しかし、何度言ってもわかってくれなくて困っています
◆いつも時間が足りません
◆仕事ばかりやりすぎると、家庭が犠牲になりませんか
◆自立は理想論であって、現実には無理なのではないでしょうか

◆これからどんな商品が売れますか
◆これからどんな会社が伸びますか
◆他人とうまくコミュニケーションがとれません
◆年齢差があって話が合いません
◆話が合わない人と信頼関係をつくるにはどうしたらいいのでしょう
◆働き過ぎは、健康に良くないのではないでしょうか
◆しょせん、人は給与のために働いているのではないでしょうか。それがモチベーションの原動力だと思いますが
◆いくら考えても良い方法が見つかりません
◆具体的にどうすれば、お客様を感動させることができますか
◆少し心配なのですが、学歴はなくても夢は実現できますか
◆経験も知識もないのですが、新しいことにチャレンジすることは可能でしょうか
◆やりたいことがあるのですが、どうしたらできるのかわかりません。不安があってスタートできません。
◆思いついたらすぐ行動することと、じっくり先を考えて行動することとでは、どちらが良いのでしょうか
 

■【参加者特典<2>】
★福島正伸が6人の経営者を20年間以上にわたって毎日送り続けた伝説の「4000の言葉集」

 

■【参加者特典<3>】
★福島正伸がそのノウハウすべてを語る幻の〇〇!!!

 

 



●6/26(金)開催 【福島正伸と6時間とことん質疑応答 ―クマの穴(KUMANOANA)―】 参加のお申込み
【 開催概要 】

・日時:2020年6月26日(金)13時〜19時
※17時より、食事(お弁当)をともにしながらの質疑応答です。

・場所:株式会社 アントレプレナーセンター
 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-9 NSビル26 4F  TEL: 03-3661-8008
 http://www.entre.co.jp/access-entre/

・定員:8名(最低履行人数1名) → ★ 残席5名 ★
※クマの穴は、開催予定日より起算して、「3日前まで」お申込みを受付しております。
 
・参加者特典:ご参加いただいた皆様には3大特典をご用意しております。
 
・お申込み方法:https://business.form-mailer.jp/fms/879207bf118029
 
・その他
※福島正伸に聞いてみたい質問を、下記フォームより、事前にご入力をお願いいたします。
※当日も、どのようなご質問にもお答えいたします。
※現地集合、解散となります。
 

 


御社名
部署名
役職
名前
フリガナ
メールアドレス
< 確認事項 >
■PC・携帯からお申込みの際には、弊社からのメールを受信できるよう、ドメイン指定の受信設定(@entre.co.jp)、また迷惑メールフォルダの振り分け設定、セキュリティー設定等もご確認下さい。

電話番号
- -
日中に連絡の取れるご連絡先
住所

-



参加人数
※2名以上で参加の場合は、参加者名を「備考」に記載願います。
講座をどこで知りましたか?
【受講目的】この講座で学びたい事を自由にご記入ください
【事前受付】現時点での福島正伸への質問を、いくつでも自由にご記入ください
※後日、質問内容の変更も受付可能です。
※当日も質問を受付します。どのようなご質問にもお答えいたします。
※質問内容は参加者全員で共有いたします。
備考欄

個人情報の取扱いへの同意
【開催、参加ルールのお願い(3つの項目について、ご一読をお願いいたします)】

誠に恐れ入りますが、安全な開催とセキュリティ運営に努めていきたく、ご理解、ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


@参加者、講師本人の写真撮影・録画、講義内容の収録・録音は禁止とさせていただきます。
Aみなさまからの質問内容は、参加者全員で【画面共有】いたします。
B福島が投影する資料は、後日PDFデータでご共有させていただきます。
個人情報の取扱いについて同意の上、チェックしてください
規約への同意
【福島が取り組んできた参考資料の事前閲覧について(人が育つ組織のつくり方)】


人材育成担当者から寄せられた、組織の活性化に関するありとあらゆる質問をまとめ、そのすべてに対して、根本的、体系的、具体的に福島が解答している全10回の参考資料です。

開催当日前に、福島との出会いをより楽しんでいただけるよう、ご都合等がもし可能でしたら、事前にお読みいただくことを、推奨させていただきます。福島の人となりが少しでも事前にお伝えできたらと思っています。

また、こちらの閲覧資料については、コピーフリー・流用推薦となっていますので、宜しければお役立てください。

【人が育つ組織のつくり方(全10回シリーズ)】
http://www.entre.co.jp/methods/


規約について同意の上、チェックしてください