NSC主催 「企業のSDGsへの取り組み」勉強会

投資の際に環境・社会・ガバナンス(企業統治)などの非財務情報を考慮する「ESG投資」が世界的に拡大しており、日本でも世界最大の年金基金GPIFが国連責任投資原則に署名し、今後日本でのESG投資の割合も大きくなっていくことが考えられます。ESG投資の評価には、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」に向けた取り組みや成果も活用されるようになりつつあることから、企業がいかにSDGsに取り組むかは今後ますます重要になってくると思われます。
本勉強会ではSDGsの最新動向のほか、国内企業の取り組み事例もご紹介します。
 
■日時:2018年1月11日(木)13:30〜16:00 (受付は13:00-)
■会場:一般財団法人地球・人間環境フォーラム分室 会議室(東京都中央区)
■定員:40名
■参加費:無料
■主催:NSC(サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク)
■プログラム:
13:30〜14:10  講演「SDGsの最新動向と産業別SDGs手引きについての解説(案)」
     KPMGあずさサステナビリティ株式会社 代表取締役 船越 義武氏
14:10〜14:40 企業の取り組み事例1    日立建機株式会社  
14:40〜15:10 企業の取り組み事例2    帝人株式会社
15:10〜15:20 休憩
15:20〜16:00 ディスカッション及び質疑応答
16:00 終了
 

【NSC事務局】 (一般財団法人 地球・人間環境フォーラム内)
担当:京極 nsc@gef.or.jp  TEL 03-5825-9735
 

*は必須項目です

(確認用)
ハイフン不要
*会員
ご参考までに、この会合をお知りになった媒体を教えてください
ご要望、ご質問などがございましたら、ご自由にご記載ください(300文字まで)。