ケルトン招聘MMT国際シンポジウム取材申込書
 
主催:京都大学レジリエンス実践ユニット

京都大学大学院教授の藤井聡と申します。
日本のみならず世界を救う力を秘めた最先端の経済理論「MMT」(現代貨幣理論)。
MMT論者の筆頭格であるステファニー・ケルトン教授(ニューヨーク州立大学)をお招きし、国際シンポジウムを開催することが決定しました。
 
MMTとは、「自国通貨建ての国債では破綻しない」という「事実」、ならびに、「国債に基づく政府支出拡大は、経済成長を促す」という「事実」の双方を踏まえつつ「デフレ脱却までは、国債に基づいて政府支出を拡大すべき」(ただし、インフレになれば支出拡大を抑制すべし)と主張するもの。日本ほど、このMMTの議論が求められている国は他にないでしょう。
 
会場や定員、日本側からの話題提供者の詳細は、急ぎ調整中ですが、現段階で決まっていることは、以下の通りです。
シンポジウム終了後には、記者会見も予定しています。
 
参加希望の方は以下の応募フォームに必要事項をご入力の上、お問い合わせください。詳細は、追ってご案内差し上げます。
 
**************************************
 
■日程: 7月16日(火)
  シンポジウム  午後2時〜5時(午後1時開場)
  記者会見 午後5時過ぎ~午後6時過ぎ
    ※記者会見のみの参加も可能です
 
■場所: 衆議院第一議員会館 多目的ホール
 
■テーマ:「MMTが導く政策転換 〜現代貨幣理論と日本経済」
 
■講師: ステファニー・ケルトン(ニューヨーク州立大学教授)
     岡本英男(東京経済大学学長)
     松尾匡(立命館大学教授)
     藤井聡(京都大学大学院教授)

 
**************************************
 
※お願い※
記者会見は公開ですが、シンポジウムにおけるケルトン教授の講演については、
契約により録音・録画が禁じられておりますので、ご遠慮いただけますようお願い致します。
 
▼問合せ先
京都大学レジリエンス実践ユニット(担当:川端)
電話:090-8044-4990
E-mail: symposium@trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp
 

※追ってご入力内容の確認メールが届きます。
 2時間たってもお手元に確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに
 入っている可能性がありますので、迷惑メールフォルダをお確かめください。
 
※携帯電話の設定で、パソコンからのメールの受信を
 拒否しているとメールが届きませんのでご注意ください。



媒体名(または会社名)
ご参加者名
人数
お電話番号
- -
メールアドレス
備考
ご質問・ご要望などあればお書きください