「臨時講習」「出張サービス」申し込みフォーム

一般社団法人TACMEDAでは、
自衛官、警察官、海上保安官、海外に展開する企業、海外旅行者等向けに各種コースを取り揃えまして、医療資格や経験、職業に関係なく必要とする人には誰にでも、
銃や刃物、爆発物等による戦闘外傷、CBRNeによる特殊な対応を必要とする大量負傷者発生事態における救護、初期治療教育を提供しています。
他にも、災害時の医療機関の運用、病院におけるセキュリティ
医療従事者のための護身術、災害時の先遣DMAT隊教育、医療面までを含めた危機管理等、日本唯一のコンサルティング業務も行っています。
 
臨時講習(東京会場)
各コース、受講希望者3名以上より開催します
〒102-0082 東京都千代田区一番町4番地大石ビル2階2-A
 
車でお越しの方へ
駐車場はございません。お近くの有料駐車場をご利用ください。
最寄りの駐車場として、やや遠いのですが、
タイムズ三番町第5
東京都千代田区三番町6
http://times-info.net/map/parkdetails/BUK0023165.html
があります。
月〜土 当日1日最大料金3800円(24時迄)
日・祝 当日1日最大料金1500円(24時迄)
 
電車でお越しの方へ
最寄り駅:東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅から徒歩4分
東京メトロ有楽町線 麹町駅から徒歩8分
JR 市ヶ谷駅から徒歩15分
 
出張講習・出張サービス
全国どこでも出張講習・出張サービスが可能です。
コース、人数、場所に応じて出張可否が変わります。
遠方の場合は、交通費、宿泊費が別途必要です。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

*は必須項目です
有料講習参加申し込みフォームとして商品注文フォームを使用しています為
各項目が「商品名」「注文数」となっています。
「商品名」は「参加講習名」
「注文数」は「参加者数」
として、お申し込み願います。
商品名 価格 (税込) 注文数
TacMed Essentials アジア国際Basicコース (税込) 39,960円
TacMed Essentials アジア国際Advancedコース(税込) 86,400円
TacMed Essentials Basic-Advanced連結コース(税込) 110,160円
救命止血法総合コース(税込) 16,178円
致命的外傷総合対応コース(税込) 24,840円
野戦救護・救命基礎 コース(税込) 16,178円
野戦救護・救命上級コース(税込) 21,384円
止血帯入門コース(税込) 5,400円
救急包帯入門コース(税込) 5,400円
海外企業のための外傷救護基礎コース(3時間税込) 5,400円
海外旅行者のための外傷救護基礎コース(3時間税込) 5,400円
戦闘外傷オーダーメイドコース(1人1時間あたり) 1,000円
一般外傷救護オーダーメイドコース(1人1時間あたり) 1,000円
医療従事者のための護身術コース(1人1時間あたり) 1,000円
災害時の先遣DMAT隊教育コース(1人1時間あたり) 1,000円
CBRNe救護・除染・防護コンサルティング(基本料金) 19,800円
大量負傷者・トリアージコンサルティング(基本料金) 19,800円
災害時の医療機関の運用コンサルティング(基本料金) 19,800円
病院セキュリティコンサルティング(基本料金) 19,800円
お支払い方法の指定
商品合計 (税込)
合計
開催を希望されるコース等
*希望されるコース・サービスを以下の項目より選択して下さい
*開催の種類
東京会場:〒102-0082 東京都千代田区一番町4番地大石ビル2階2-A
各コース
各コンサルティング
の開始希望日を入力して下さい
ない場合は「なし」と記入して下さい

(確認用)
こちらに入力されたアドレスに自動返信メールが送られます。自動返信メールにより直ちに受講手続きを行うことができます。
パソコン、クラウドメールに対応しています。

携帯電話のメールアドレスには対応していません。
info@tacmeda.com
からのメールを受信できるよう設定しておいて下さい。

送信後に返信が届かない場合は正しく入力できていないことが考えられます。ご確認の上、再送信願います。

(確認用)
携帯電話メールアドレスでは自動返信での対応が出来ないため、手続きに数日から10日要する場合があります。お急ぎの場合はクラウドメールアドレスを作成されるか、郵送を希望されて下さい。
郵送手続
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
必ず連絡が取れる電話番号をお願いします。
固定電話でも携帯電話でもどちらも可
- -
上記番号で連絡がとれない時のため
固定電話でも携帯電話でもどちらも可
- -
お持ちの方のみ
*当サービスをお知りになったきっかけ
弊社のパートナー企業との連携の強化及び
効率的な広告の為、上記の質問へご回答
願います。
*TACMEDA出張サービスでの習得内容の取り扱いに関する誓約
一般社団法人TACMEDA個人情報保護方針 お客様の個人情報のお取扱いについて(「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項)個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいます)に基づき、以下の事項について公表いたします。 一般社団法人TACMEDA個人情報保護方針
一般社団法人TACMEDA(以下、「当社団法人」と記す。)は、個人情報(特定個人情報等を含む)の重要性を認識し、個人情報保護の活動を当社団法人の基盤的活動として位置づけております。当社団法人は、個人情報保護の取り組みを真摯に実行することは社会的責務であると認識し、以下の通り個人情報保護方針を定め、役員、社員、関係者に周知し、徹底を図ります。
1 個人情報の適切な取得、利用、提供、委託
(1) お客様の個人情報の取得にあたっては、本人又は第三者の権利利益を害するおそれがある場合などを除き、本人に対して利用目的を明らかにし、同意を頂いた上で取得します。取得した個人情報はその目的以外に利用せず、利用範囲を限定し、適切に取り扱います。
(2)  取得した個人情報は、法令に基づく命令などを除き、あらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。
(3) 取得した個人情報の取り扱いを、第三者に委託する場合には十分な個人情報保護の水準を備える者を選びまた、契約等によって保護水準を守るよう定めた上で、指導・管理を実施し、適切に取り扱います。
2 開示、訂正、利用停止等の求めに応じる手続
当社団法人が保有する個人情報については、合理的な範囲で速やかに対応いたします。
3 個人情報の滅失、き損、漏えいおよび不正アクセスなどの予防ならびに是正
当社団法人は、お客様の個人情報を厳格に管理し、滅失、き損、漏えいや不正アクセスなどのあらゆる危険性に対して予防策を実施します。適切な個人情報の取り扱いと運用に関する具体的な規則を定め、責任者を設けます。
4 個人情報に関する法令およびその他の規範の遵守
当社団法人の役員、社員、協働者は、個人情報保護や通信の秘密に関する法令やガイドラインその他の関連規範を遵守します。
5 個人情報保護方針および社内規程類の継続的改善
当社団法人は、社会が要請している個人情報保護が効果的に実施されるよう、個人情報保護方針および社内規程類を継続して改善します。
6  個人情報の取り扱いに関する問い合わせおよび相談窓口
当社団法人所定の窓口にて、合理的な範囲で対応いたします。
制定日 2015年12月1日
*上記個人情報保護方針について
受講にあたっての注意事項
刑法230条 国家公務員法  第79条 地方公務員法 第28条関連
1 許可された場合以外の撮影の禁止
  TACMEDAサービス享受にあたり、その撮影については許可された以外は厳禁とします。
これは、TACMEDAサービスの内容には銃器を用いた戦闘に関するものが含まれており、無用の誤解を受けることで主催者、受講者が不利益を被ることの無いよう、撮影については厳禁とします。
必要な写真や動画は提供しますし、記念撮影の機会は設けます。
2 根拠の無い批判等の禁止
 TACMEDAサービスの教育内容や、Tactical Medicne ESSENTIALS合同会社、一般社団法人TACMEDA協議会の活動等、関わること全てについて、根拠の無い批判や、誹謗中傷、事実ではない情報の流布についても一切厳禁です。
 名誉毀損罪は刑法230条に規定される犯罪であり、Tactical Medicne ESSENTIALS合同会社、一般社団法人TACMEDA協議会も経済活動を営む会社組織ですから、信用毀損罪・業務妨害罪は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 、234条、 第234条の2)に規定される犯罪となります。一般社団法人TACMEDA協議会では米国と日本国に顧問弁護団を有しており、これらの犯罪が発覚したならば直ちに訴訟を起こす体制を整えています。
公務員の場合、刑事事件で起訴された場合、裁判期間中は休職または失職することがあります。
また、これらの「犯罪」に関わる情報を入手された方は、速やかに一般社団法人TACMEDA協議会への通報をお願い申し上げます。情報を提供された方には、その秘密については厳守します。
*上記注意事項について
 ここまで厳しい対策を講じているのは、TACMEDAサービスの内容とそれに関連する国際コースを開催する上での国際問題に発展しかねない危険の防止のためですので、皆様には言動について充分にご注意されるようお願い申し上げます。
 今後、テロや凶悪犯罪による負傷者が発生する頻度が高くなることは、時代的必然であり、これは好むと好まざるとに関わらず、対応しなければなりません。重要影響事態は人が発生させるものですから、「想定外」という言葉は許されないのです。
また、きちんとした対応をすることこそ、重要影響事態による避けられた外傷死を極小化させるものと当協議会は信じます。
フォームへの入力・送信による申し込みができない場合
自動返信メールが届かなかった場合は
フォームの入力項目の内容を以下のメールアドレスまで
お送り願います。
info@tacmeda.com
TACMEDA事務局出張サービス担当者